近年、運転免許取得の手段として「合宿免許」を利用する人が非常に増えてきています。その理由は様々なものがありますが、合宿免許の最大の特長である「最短期間卒業かつ低料金で利用出来る」と言う点が大きな理由となります。



通常であれば数か月、30万円以上の料金がかかってしまうことも少なくないところを、最短期間(約2週間)かつ20万円前後の費用で利用することが出来ると言う点は非常に大きなメリットとなっています。

単純にお金を節約したと言う人はもちろん、休みが確保しづらい・お金がなくて運転免許取得を諦めようかと考えていたという人でも、合宿免許ならば可能性があると言う状況が増えることが人気の理由です。

しかし、逆に「まとまって2週間の時間を確保しなければいけない」と言うデメリットも存在しています。



学生であれば何とでも対応できる可能性がありますが、社会人となってからはそれだけの休みを確保することは容易ではありません。



上手くスケジューリング出来れば良いのですが、自分の希望や努力だけでは何ともならないこともあるのでどうあっても利用できない可能性もあります。


また、「技術が不足しがちになる」と言う点もデメリットと言えます。

スピーディに運転免許が取得できることは非常に大きなメリットではある一方、期間が限定されていることで未熟な習熟度のまま公道を走行することになってしまうことで事故率が高まると言う点についてはしっかりと考慮しておく必要があります。

 
Copyright (C) 2016 合宿免許のメリット・デメリット All Rights Reserved.